こと座流星群、どの国で見られるのかと思ったら日本でも見えるそうだ

北半球で「こと座流星群」という流れ星の集団が見られるそうなのですが、人ごとかと思ってたら日本でも見られるそうですよ。

最初の写真では星座の表記がされており、白鳥座の上あたりに平行四辺形の星座が来ています。それが「こと座」。「夏の大三角形」と呼ばれています。

下にある星空だけの写真でもだいたいそのあたりです。

そして三角形の中でもひときわ明るい星が「ベガ」といい、七夕での織姫星です。
 
明るい都会では見えにくい星ですが、ベガを頼りに北の空を見上げ、今夜、こと座流星群ってやつを見てみましょ。
 
実は「こと座流星群」は毎年発生している流星群だといいます。

ピーク時でも20個くらいのときがほとんどという、特に話題にならない感じの流星群ですが、まれに雨のように大量に降り注ぐこともあるようです。
 
きれいそうですが、大量の流れ星ってなんか怖い感じもしますね~。
一個くらい地球に突っ込んでくるんじゃないかとか。
 
月の明かりが邪魔をするそうなので、月が沈んだ明け方狙いか、一番よくみえるという21時前後に、北から東側を見るといいとのこと。

双眼鏡も特に必要が無く、4月16~25日までは夜空全体で観測できるようです。
 
この期間、帰りが暗くなったら北の空を見上げてみては?

もしかしたら一大天体ショーが見られるかもしれませんね~。
 

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください