アバターとスーパーナチュラルの共通点

今日初めて映画「アバター」を見てます(しかも途中から)。

フジテレビでやっているやつで、TVで放映される映画観るなんていつぶりくらいだろうというくらい久しぶり。
 
いつもは映画は「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で一生懸命DVD借りて観ています。定額会員だから。

あとはたまに映画館行ったり。

テレビの洋画は吹き替えだからほとんどみないんですよね~。
吹き替えのあのわざとらしさがイヤ。アメリカンコメディみたいな。

で、今日何で途中から、普段見ないテレビ放映の吹き替えアバター見てるのかって言うと、確認したいことがあったからです。
 
そういえばいわゆるヒット映画ってやつを何となく見てないですね~~~

アバターもそうですがたとえば「アナ雪」。
「レ・ミゼラブル」「タイタニック」、ジブリいろいろ。

とりあえずいきなり歌いだしたり踊りだしたりする映画は苦手みたいです。
 
まあそれはいいとして、今回確認したかったのは吹き替えのひと。

ジェイク役のサム・ワーシントンの吹き替えを東地宏樹さんっていうひとがやっているんですが、

ん?
 
この人は「スーパーナチュラル」のお兄ちゃん:ディーンの吹き替えやっている人ではないですか?

「スーパーナチュラル」っていうのは、兄弟で悪魔や化け物などを退治しながら旅をする、サムとディーンのウインチェスター兄弟と、天使のカスティエル、悪魔のクラウリーなどが加わってすすむ物語です。

ジャケットの写真で言うと、今回のはよく見えないけど一番上がディーン、真ん中がサム、一番下は誰だ?ルシファーか息子のジャックかカスティエルか?

は?天使?とか何言っちゃってるの?とか思いました?
 
そのウインチェスター兄弟ですが、このドラマも吹き替え版と字幕版があって、吹き替えのひとがびっくりですよ。

まず弟のサム・ウインチェスター。
 
こちらはシーズン1・2が俳優の成宮寛貴、それ以降が内田夕夜。
ロッケンロールのあの人ではありません。念のため。
 
お兄ちゃんのディーン・ウインチェスター。

こちらがシーズン1・2が次長課長の井上聡、それ以降が東地宏樹。
 
つまりアバターのジェイクの吹き替えと同じひとなんですね~~~
 
いやいやいやいや、あのディーンの声なら一発で分かるでしょ?

と思いましたが、映画を見てみるとけっこう「そんな気もするけど…」レベルでした!

後半はだいぶディーンになって来ましたけど、この声優の人も違うしゃべり方出来るんだ~ と思いました。
 
いや後半はほとんどディーンでしたよ?
 
やっぱり途中から映画は観るもんじゃないですね!

なんか集中できないし、内容と流れは分かるけどあんまり感情移入できない。

かといって「アバター」はもう一回DVDとか借りて観ようとまでは思わないんですけどね。

アバターは実は4部作で、アバター2が2016年12月に出来るって知ってました?
ホント??

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください