KUHN RIKON(クーン・リコン) ○○専用ナイフ

地域の情報誌見てたら、そこに「女子高生が選んだカワイイもの」って
いうようなコーナーがありました。

確かにカワイイ。  しかし… 持ち歩きはしない  かな?
一人でニヤニヤしながら使うものですね!

クーン・リコン アボカドナイフ 全長19cm


見ての通り? アボカドナイフです。

これ一つで「カット、種を取る、身をすくい出す」がスムーズにできるといいます。

確かにアボカドは、種を取るのはまあいいとして
皮をむくのがうまくいかず、ぐずぐずになることがあります。

しかし専用ナイフを使うほど頻繁に食べるかというと…。
まあ続くときは続きますけどね!

 

こんなアボカド専用ナイフをつくっているのは、KUHN RIKON(クーン・リコン)っていう
スイスで設立された200年の歴史と品質にこだわる名門なんですってよ~

たくさんのデザイン賞も受賞していて、
ニューヨーク近代美術館MOMAにも作品?が置かれてるのだとか。

なもんだから、もちろん「アボカド専用ナイフ」だけで済むわけがありません。

 


クーン・リコン スイカナイフ 全長41.5cm


クーン・リコン カボチャナイフ 全長37.3cm


クーン・リコン アップルナイフ 全長19cm

他にも
クーン・リコン メロンナイフ 全長37.3cm
クーン・リコン ブレッドナイフ
KuhnRikon シトラスナイフ レモン
KuhnRikon ストロベリーナイフ

などなど、こだわりはとどまるところを知りません!

個人的にはイチゴ専用ナイフがツボ。
イチゴのヘタを取るためだけの専用ナイフ。

 

全部専用ナイフにしたら一体台所はどうなるのでしょうか!?

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください