クルム伊達が現役続行へ 来年の全豪オープンに照準  :日本経済新聞

女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)は21日、「来年に向け、質を上げて自分のテニスを追求する」などと話し、来季も現役を続ける意向を示した。

42歳のクルム伊達は、19日付の世界ランキングで日本勢3番目の120位。今季は左脚故障の影響もあり、5月の全仏オープンからシングルスは10大会連続で初戦敗退するなど苦しんだ。現在は復調しており「気持ちは現時点で大丈夫。今年のオフはないつもりでいる」と話した。

クルム伊達はこの日、愛知県豊田市で開催中のダンロップ・ワールドチャレンジのシングルスに出場。今後はドバイでの大会でシーズンを締めくくり、来年1月の全豪オープンに照準を合わせるという。〔共同〕

引用元: クルム伊達が現役続行へ 来年の全豪オープンに照準  :日本経済新聞.

 

伊達さんすごい。全アラフォー女子の希望の星です。

自分も頑張らなきゃと思う。

 

テニスで、じゃないけど。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください