小6女児が爆破予告したのは…

奈良県で今月16日に、小学6年生の女児(11歳)が爆破予告の電話をかけて300万円を奪おうとし、今日補導されたという事件がありました。(2013年5月)

女児が爆破予告の電話をしたのは、奈良県橿原市立の大型文化ホール「かしはら万葉ホール」。

16日に4回も電話をしたそうですよー。

ふざけているにしてはしつこい回数ですね!あ、やっぱり本気だったのでしょうか?


電話の内容は

「爆破する。300万円入ったかばんを小学校前に置け」

などというもの。

「面白半分で自宅からかけた。途中で怖くなってやめた」と言っているそうですが、自宅からかけたというところが小学生っぽいのでしょうか。
 
私の認識としては、小学6年生だともっと狡賢くなっている感じがします。

逆探知、とか
通話記録、とか

普通に知ってそうですが?
 
結局自宅からかけたせいで、あっという間にバレて補導されたわけですが、私が今回の事件で学んだことは

橿原市が「かしはらし」と読む

ということ。   

あー勉強になったわー。

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください