手首・指先痺れてませんか?「キーボードフィンガー」に注意!

a0002_006728

毎日PCを長時間使っていますか?
指先から手首にかけて、痛みやしびれはありませんか?

その症状、「キーボードフィンガー」かもしれません。
腱鞘炎と違うの??

毎日職場でPCを使い続けているビジネスマンに、指先から手首にかけての痛みやしびれを訴える人が増えているそうです。
 
「キーボードの叩きすぎ」。

原因のひとつがそれだそうです。
ひどくなると痛みで指も曲げられなくなるんだとか…。
 
長時間同じ姿勢で同一の筋肉を酷使すると、手指の筋・筋膜の癒着や腱鞘炎が生じている状態になるそうです。

では「キーボードフィンガー」はやはり腱鞘炎の一種なのでしょうか。

悪化すると指の関節が変形する可能性などもあるとのこと。
かといって、毎日PCを使わない訳にはいかない人はどうしたらいいのでしょうか?
 
ちなみに自分がどのようなスタイルでキーボード入力をしているか、意識したことがありますか?
 
私はすぐおなかが折れ曲がって猫背になるので、「(゚Д゚)ハッ」と気付いた時に腰と背筋を伸ばしています。お腹に力入れてみたりとか。

いつも腕の真ん中あたりを机の縁に付けて支柱にしているので、手首は反り返ったりしていないはず。

そう、「キーボードフィンガー」になるかもしれない人は、手首を上に反らした状態でキーを打つクセがある人。

私は逆方向、手首は上にそらさず、例えて言うなら「うらめしやスタイル」?
幽霊が出てくるときのオーソドックスな手首の形です。うらめしやのかっこしている幽霊見たことないけど。

私の場合手首は下に向けてるか、ひじから手のひらまで並行ですねえ。
 

そんなわけで、手首を反り返らせてキーボードを叩いている人は、意識してまっすぐな状態を保った方がいいそうです。
 
出来ない人には手首にタオルを巻いたり、リストパッド・リストレストの使用を勧めています。

どちらも1,000円以下で送料無料の商品もありますね。

ちなみに現在私が使っているマウスパッドは、リストレストっぽい膨らみがついていますが、膨らみが甘いのか位置がイマイチなのか、あんまりレストされている感じがしません。
 
実際に痛みがある人は、患部を冷やすこと。

手首をぶらぶら軽く上下に動かしながら、手首から肘にかけての筋肉をほぐすのも良いそうです。
 
1時間に一回くらいは手首のストレッチをするなどして、同じ姿勢で作業を続けないように注意した方が良いですね。
手首だけでなく、肩・腰にまで痛みがきそうです。

そういえば座りっぱなしも寿命を縮めるというので、私も作業する時は30分タイマーかけて、30分に一度は立ち上がるようにしています!
 
あと立ちあがったたついでに腰を前後左右にぐーるぐると回したり、スクワットしたり、座っている時でも思いついた時に急に脚をあげる筋トレ始めたりと、エコノミー症候群防止も兼ねて動くようにしています。

30分に1回は「立ち上がる」だけでもやった方がいいそうですよ!
 


(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください