Google Chromeの翻訳機能が落ち着きがない

先日、いつも利用しているブラウザ、Google chromeの自動翻訳機能が暴走(?)を始め、どんなページでも(書かれているのが日本語でも英語でも)

「このページは○○語です。翻訳しますか」

と出現するようになってしまった。

最初はいちいち「間違った翻訳」の報告をしていたのだけど、毎ページ毎ページで出るので、もーーーーーーーーーーう!やってらんねー!

と短気なことになりまして。

どう設定すれば、このウザい表示が出なくなるようになるのかを調べました。

で、設定により無事、画面は平穏を取り戻したので、同じ症状で困っている方のために、対処法を記しておくことにしましたよ。


グーグルクローム Google Chrome完全活用術 スマホ⇔PCで連携・共有できる爆速Webブラウザー

Google Chrome自動翻訳機能の止め方

①画面右上の「Google Chromeの設定」のアイコンをクリック
「設定」をクリック

②ずっと下までスクロールして「詳細設定を表示…」をクリック

③スクロールして行くと「言語」という項目が出るので、四角で囲まれた「言語とスペルチェックの設定」をクリック
「日本語」になっているのを確認

④OKであればそのまま×で戻り
「言語とスペルチェックの設定」の下にある
「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」の□のチェックを外す

 
これで「このページは○○語です。翻訳しました」は表示されなくなります。

まだ表示されるようでしたら、もう一度設定を確認したあと再起動してみてください。

翻訳が必要な時は、ページ上で右クリックすれば、「日本語に翻訳」という項目が6番目位に出てきます。

以上、「Google Chromeの自動翻訳機能の止め方」でした。

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください