100歳の詩人 柴田トヨさん死去

長男のすすめで90歳から詩作を始め、98歳で初の詩集『くじけないで』を出版した柴田トヨさんが、おととい平成25年1月20日に亡くなりました。

老衰だったそうです。101歳でした。


あなたにありがとう 柴田トヨ写真集

柴田トヨさんは1911年(明治44年)栃木県栃木市生まれ。
一人息子の勧めで書きためた詩を、2009年(平成21年)10月に最初は自費出版しました。

その後出版社に見いだされ、内容を追加・装丁を変更して再出版へ。

それがこちらの「くじけないで」です。


くじけないで

老いの日々・息子への思いなどを綴り、150万部のベストセラーになったそうです。

その後、2011年(平成23年)9月には、満100歳を迎えたことを記念して第2詩集「百歳」を出版。

同年3月11日に起こった、東日本大震災の被災者に寄り添った作品「被災者の皆様に」「被災地のあなたに」も収録されているそうです。

その他にも…

「夢は平等に見られる 人生いつだってこれから 朝はかならずやってくる」

「倅に/何かつれえことがあったら/かあちゃんを 思い出せ・・・」

「出来ないからって/いじけてはダメ……さあ 立ち上がって/何かをつかむのよ/悔いを/残さないために」

「私 本当は と 一行書いて 涙があふれた」

合掌。

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください