原付きの操作が簡単すぎる? 小6男児が原付き運転して事故

酒に酔った男が7歳の子供に車を運転させて、自宅まで送らせているところを捕まった

というニュースが先月ありましたが、それはオーストラリアの出来事。

今回の原付き事故は日本のお話です。
 

赤シート対応 最短合格!原付免許テキスト&問題集

Yahoo!ニュースによると20日午前5時50分ごろ(!)、神戸市で会社員の運転する乗用車と、男児(12歳)の運転する原付きが出会いがしらに衝突したそうです。

男児は頭を打って意識不明の重体とのことですが…
 
バイク側の信号が赤色点滅で、一時停止の義務がありました。

が、果たしてそれを知っていたんですかねー?

それよりも交差点は注意しながら進め、っていうのは小学生でも習いますよね。確か。
 
乗用車の方はけが人などが出なかったようですが、一家で乗っていたそうですので、朝早起きして行楽地へ向かうところだったのかもしれませんね!
 
乗用車とバイクの事故だと、車の方が無条件に過失割合が重い、と誤解されがちですが、ちゃんと、どちらかに注意義務がより多くあったのか?というのが加味されます。

なので今回の事故も、一時停止義務があった原付きに過失割合が多くあることになるのですが、もちろん乗用車の方も前方不注意とされますよね~。
理不尽ですが。
 
男児はヘルメットはかぶっていたそうですが原付きにナンバーは付いていなかったとのこと。
 
なぜそんな早朝に、1.ひとりで、2.ナンバープレートの付いていない原付きに、3.無免許の小学生が乗っていたのか…  

そんなミステリー…
 
親に聞けば一発で分かりそうです。一番分からないのが親かもしれませんが!

何にせよ究明のためにも無事だといいんですけど。
あとお灸をすえる必要もありますね!!
 

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください